心のつぶやき

自己肯定感が低い理由が子供の頃にあるのか思い出してみる

投稿日:2018年9月12日 更新日:

私はものごころがついた頃から現在までずっと自己肯定感が低い。

思い返せるだけ過去を探っても自分に自信があった記憶は一度もない。

幼かった頃の記憶もいつも同じ年頃の子供たちを見ては

「自分もあんな風になれたら。」

と考えていた記憶や、普通の子供の振る舞いを見ては自分も同じようになれるようにと仕草や話の受け答えを研究していた事を思い出すだけ。

なんでこんなにも、しかも物ごごろがついた頃から自己肯定感が低いのか考えて見た。

広告

火傷のあとがある。

歩き始めた頃に沸騰した鍋を頭からかぶったらしくて入院しないといけなかったぐらいの大火傷をしたときいています。

顔には何も残らなかったけど、今も首に薄っすらと残る跡と肩には薄いけど広範囲にケロイドが残っている。

今ではそれほど気にならない程度になったんだけど、小さい時はすごい気にしててノースリーブは絶対に着ないし、水泳の時間はいつも手で肩を隠してた事を覚えている。

自己肯定感が低い

自分にはダメな部分があると思ってしまった原因の一つなのかも。

友達に「それ火傷?」って聞かれて「うん。」っていうと「自分にもあるよ」って見せてくれる子とかもいて、それでもその子の傷がどんなものでも「私もそれくらいの傷なら良かった。」と友達のものはいつでも自分よりは綺麗なものに見えていた。

広告

早生まれだった。

早生まれで体も小さくて気も弱かった。

走るのも遅かったし、力もよわかったし、ボールも全然遠くまで投げれなかった。

あの頃の小学生って走りが早かったり、ドッヂボールが上手かったりで人気者になれたりしたんだけど、まるで素質なし。

スポーツができる子

もともと運痴なのかもしれないけど、成長もまわりより遅れてるもんだから出来る子との差がひどかった。

体力がない

これは最近の健康診断のエコーでわかったんだけど、先天性の大動脈二尖弁っていう心臓の動脈の弁が普通は3つのところ2つしかないっていう症状らしい。100人に一人か二人はいるらしいので割とよくある症状。

当たり前なんだどずっと自分がそうだとは知らなかったから、マラソンも鬼ごっこも水泳も持久力の必要なものは全部すぐにしんどくなってしまうのは「根性がないから」だと思っていた。

もう頑張れないイラスト

みんなはすごい根性があってしんどくても頑張ってるのに自分は根性がなくてすぐに諦めるからダメだって。

しかも倒れたりはしないんだよね(倒れるのも良くはないけど。。。)

しんどくてノロノロになるだけ。

だから「もっと本気出せ!!」って体育でいつも怒られたりして、いつも「なんて根性がないんだろ」って思ってた。

実は自分はみんなよりもしんどかったのかって最近知ってびっくりした。



キチンと褒められていない

「あんたは強いからな。」

「あんたは自分でなんでも出来るし大丈夫や。」

頼る事を拒絶されているのかと思うような褒め方。

特に私は長女なのでこれを言われるたびに、「強い人間」「明るく能天気な子供」を家族の中で演じなければいけなかった。

甘えられない長女

そんな私を見ては

「ふっあんたはええなあ。」

と言っていた母。

今でも「あんたは何にも手のかからへん育てやすい子やった」

と言っています。



親も自己肯定感が低い

そして私の両親も揃って自己肯定感が低い大人だったように思います。

それはまた長くなるので違う記事で書こうかと思います。

自分の子どもが自己肯定感の低い人にならない為に

こうやってぱっと自分で考えつくだけでも結構な理由があったんだなぁとおもった。

いろいろな悪条件が重なってだんだん自分が嫌になったんだなぁって。

我が子がこうならない為に何か参考にならないかと思っていろんな事を思い出して見たんだけど、こうやって見ると不可抗力な事がほとんどだったのね。

それでも親のサポートがキチンとしていたら違ったのだろうか?

せめて甘えたり、わがまま言ったりグズグズ言ったり出来てたらどうだったんだろう?

あんまり解決になってない今日はこれで終わり。

ありママ
ただの自虐記事になってしまったけど、こういう自己分析が同じような子を作らない為に役立つのではという希望。

叱るイラスト
【アダルトチルドレン?】批判されるのが怖いです【夫編】

私は他人から批判される事にとても敏感に反応してしまいそれは本当に恐怖なんです。 今回はその中でも家族である「夫」からの批判で辛いと感じる事を書こうとおもいます。 こんな事でも批判と感じてしまいます。 ...




-心のつぶやき
-, ,

Copyright© ありのままに生きれたら , 2019 All Rights Reserved.